安曇野アートヒルズミュージアム
安曇野アートヒルズミュージアム

安曇野アートヒルズミュージアム 0263-83-5100

「我が根源は森の奥にあり。」工房の扉に記されたこの言葉は、フランスの工芸作家エミール・ガレ自身を最もシンプルに表現しています。自然とガラスと表現を一体化させ、哲学的に融合させたエミール・ガレ。安曇野の自然の中で、作品の息吹を、彼の精神を感じてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   美術館日記

アートライン展に向かいます

今年も11月9日より12月18日まで、国営アルプスあづみの公園 堀金・穂高地区で「安曇野アートライン展」が行われます。


安曇野アートヒルズミュージアムでは、毎年エミール・ガレのガラス作品を出展していますが、12回目となる今年、初めて陶器の作品をお出しします。

ガラス作品のイメージの強いガレですが、ガレの父親の代から高級食器メーカーとして盛名をはせていたこともあり、多くの陶器も手がけました。

今にも動き出しそうな、なんともかわいい作品です。目はガラスでできています。ほっそりとしたと体と愛くるしい眼。是非、アートライン展に会いにきてください。