安曇野アートヒルズミュージアム
安曇野アートヒルズミュージアム

安曇野アートヒルズミュージアム 0263-83-5100

「我が根源は森の奥にあり。」工房の扉に記されたこの言葉は、フランスの工芸作家エミール・ガレ自身を最もシンプルに表現しています。自然とガラスと表現を一体化させ、哲学的に融合させたエミール・ガレ。安曇野の自然の中で、作品の息吹を、彼の精神を感じてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

美術館概要

美術館について

安曇野アートヒルズミュージアム

春の芽吹きと彩り。夏の夕立の気配。
秋の水辺の虫。冬の雪景色。

ガレの愛した自然こそが彼の思想の原点であり、自然の摂理こそがガレにとっての真実でした。
私たちはそこに、万物のうつろいと人生のはかなさという日本人に特有の美意識を見出し、共感するのです。

安曇野アートヒルズミュージアムで日本の四季とガレの革新の精神や確かな技術、そして何より作品そのもののもつ存在感に触れるひと時をお楽しみください。

優しくはかなげな色。
研究に裏付けられた驚くべき技術。
揺らぐことのない確かな技術を作品に透過させたガレ自身の才能のきらめきを感じてください。

施設紹介

美術館のご案内

美術館がもつ箱モノの冷たさを排し、美術館で過ごす時間を楽しんでいただきたい。
それが私たち安曇野アートヒルズミュージアムの願いです。
安曇野という土地を訪れていただくと、この土地がもたらす明快な四季と、自然がもたらす生命の美しさを、改めて感じていただけるのではないでしょうか。
安曇野の四季を切り取った4つの展示室で、エミール・ガレのガラス作品を、小さくても強い生命感とともにご鑑賞ください。

ミュージアムショップ、ワークショップのご案内

3つのフロアで構成される広いショップ内は、工芸作品から小さな小物までガラスを中心に取り揃えています。現代ガラスの本流・ヴェネチアングラスや、デンマークのガラス作家の繊細な作品、工房作家がそれぞれに自由な発想で制作する作品など、安曇野の思い出を彩るひと品をお手に取りながらお選びください。
併設の吹きガラス工房では「吹きガラス」制作体験を、ワークショップ内では世代を問わずお楽しみいただける体験メニューをご用意しています。

レストラン、カフェのご案内

信州の旬の食材や築地直送の鮮魚を使ったイタリアン・メニュー。
石窯焼きピッツァや安曇野ラグー、自家製デザートなど、安曇野でのお食事をゆっくりとお楽しみいただけるよう、心をこめたお料理とともに皆様のお越しをお待ちしております。
遠く北アルプスを望み、安曇野の田園風景を一望できるテラス席が自慢です。[レストランは毎週火曜日が定休日]

利用案内

開館時間/休館日/入館料
営業時間

夏期(4~10月)9~18時 冬期(11~3月)9~閉館時間は月によって異なります

休館日

毎週火曜日は休館日となります
エミール・ガレ美術館以外は、冬期不定休

入館料

美術館入館のみ 800円(小学生以上/団体10名様以上でお1人様720円)

アクセス

電車をご利用の場合

JR大糸線「穂高駅」よりタクシーで約10分

車ご利用の場合

長野自動車道「豊科I.C(安曇野I.C)」より山麓線方面へ約15分

所在地/連絡先

安曇野アートヒルズミュージアム

〒399-8301 長野県安曇野市穂高有明8161-1
TEL 0263-83-5100/FAX 0263-83-5800
公式サイト http://www.arthills-museum.jp/