安曇野山岳美術館
安曇野山岳美術館

安曇野山岳美術館 0263-83-4743

松林の中の小さな美術館です。山小屋を思わせる建物は、古民家の再生で著名な建築家・降幡廣信氏の設計によるものです。山と安曇野、そして絵を愛する方のお越しをお待ちしております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   美術館日記

没後20年記念 原田達也展が始まりました

作品28点
作品28点

映画「白き氷河の果てに」を放映しています
映画「白き氷河の果てに」を放映しています

薔薇曼荼羅ワークショップ
薔薇曼荼羅ワークショップ

 4月21日から 没後20年記念 原田達也版画展 

~還暦の8000メートル峰~

が始まりました。


4月21日(金)ー7月12日(水)

10:00-16:00

木曜日は定休日 (ゴールデンウィーク中5月4日は開館)


原田は生涯、パキスタンの山々を中心に登山活動を行いました。

7000メートルを超える山々は、常に危険と隣り合わせです。

特に1977年のK2登山は、106日の長期戦で大所帯であり、

副隊長として勤め登攀の指揮をとり、7名が登頂に成功しました。

還暦で8008メートルのシシャパンマに登頂成功後、

スキルブルムで命を落としてしまった登山家です。

原田達也を偲ぶとともに彼の思いや生きざまを

盛り込んだ、渾身の展覧会となりました!!

ぜひご高覧いただけたら幸いです。


また、チベット関連ワークショップとして

曼荼羅塗り絵の体験ができます。

講師:小林史 (現代アート、薔薇曼荼羅作家)

◆4月28日 ①10:00~12:00 ②13:00~15:00

◆4月29日 ③10:00~12:00 ④13:00~15:00

    費用1500円 入場料込み 講習費 材料代 お茶付き

上記の①~④のいずれかをお申込みください。

各回、要予約 当日参加可能 

お申込み ◇ 安曇野山岳美術館 ℡0263-83-4743

お気軽にお問い合わせくださいませ♪



原田達也略歴

1935年北海道帯広に生まれる。

1954年京都学芸大学特集美術科 人学入学 山岳部入部

1967年アジア・中近東辺地移動調査隊で世界を旅する。

1977K2登山隊副隊長として参加。

1984年パキスタン・カラコルムのヒスバー氷河からヒスバー・パスを越えビアホー氷河を縦断

1992年パキスタン・カラコルム、スパンティーク登頂。57

1995年チベット・シシャパンマ登頂

1997年パキスタン・カラコルム、スキルブルム登頂後、爆風雪崩により死亡