安曇野山岳美術館
安曇野山岳美術館

安曇野山岳美術館 0263-83-4743

松林の中の小さな美術館です。山小屋を思わせる建物は、古民家の再生で著名な建築家・降幡廣信氏の設計によるものです。山と安曇野、そして絵を愛する方のお越しをお待ちしております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   美術館日記

常念岳

常念乗越から見た常念
常念乗越から見た常念

安曇野山岳美術館35周年記念~山への想い~
足立源一郎 畦地梅太郎 展 開催中  10月17日まで
OPEN 10:00~16:00
CLOSE 木曜日(但し8月は無休)


安曇野から見る常念岳は凛々しくピラミッド型で美しい印象を
与えてくれます。

畦地梅太郎さんの作品『常念岳』の作品は、てっぺんが丸いドーム型。
手前には赤い屋根の小屋も描かれています。

普段、常念岳を見慣れていると不思議な絵に思いますが
常念小屋まで登ってみるとその謎はすぐに解けます。

横通岳から常念岳を見ると畦地さんが見た常念岳を
見ることが出来ます。

この度の展示では、畦地梅太郎の『山男シリーズ』のほかに、
上高地、焼岳など、山の版画も展示しております。

登山の疲れを癒しながらゆっくり山の絵をご鑑賞くださいませ。