安曇野山岳美術館
安曇野山岳美術館

安曇野山岳美術館 0263-83-4743

松林の中の小さな美術館です。山小屋を思わせる建物は、古民家の再生で著名な建築家・降幡廣信氏の設計によるものです。山と安曇野、そして絵を愛する方のお越しをお待ちしております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   美術館日記

開催中 畦地梅太郎

安曇野山岳美術館35周年記念
  ~山への想い~
足立源一郎 畦地梅太郎展 開催中10月17日まで
OPEN:10:00-16:00         休館日:木曜日

◇アクセス◇
お車・長野県道 安曇野インターから約25分
JR・松本駅から大糸線にのりかえ→(始発松本駅)約20分「穂高駅」下車
→タクシーで約10分、または、
中房温泉行バスで「花水木会館」下車。10m戻り、きこり亭横の坂道を上り、約2分。


~山への想い~ 足立源一郎 畦地梅太郎展も中盤となりました。

畦地梅太郎 紹介 (1902年~1999年)
愛媛県生まれ。18歳で上京し版画家平塚運一に評価され指導を受ける。
恩地幸四郎にも影響を受けながら版画制作に没頭する。
日本創作版画協会展に入選、国画会では国画奨学賞を受賞、
全国の山々や風景、山男や心象画など詩情豊かな作品は国内外でも
高く評価され多くの人に親しまれている。

今回の展示では、山と風景の作品8点と、山男シリーズ初期の作品から後期の作品まで12点を展示している他、畦地梅太郎のグッズも販売しております。ぜひこの機会にお出かけくださいませ。