museum café BANANA MOON
museum café BANANA MOON

museum café BANANA MOON 0263-83-8838

1997年春から連載がスタートした「週刊新潮」表紙絵を描いている成瀬政博の小さな個人美術館です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

美術館概要

美術館について

雑誌「週刊新潮」の表紙絵を連載中の成瀬政博が運営する
小さな個人美術館「musum cafe BANANA MOON」です。
1F展示室では「週刊新潮」表紙絵原画を展示し、季節ごとに作品の入れ替えを行い、2F展示室では、画家・イラストレーター・グラフィックデザイナーなど、さまざまなジャンルのクリエイターたちの企画展を月毎に開催しております。
入館料(500円)はドリンク付きとなっておりますので、作品鑑賞後、カフェスペースやテラス席でお茶を飲みながら談笑や読書などをお楽しみください。
また、2Fショップコーナーでは、成瀬政博の書籍やグッズをはじめ、アート系雑貨なども多数取り扱いしておりますので、こちらも楽しみの一つとしてご覧頂ければと思います。

"お茶を飲み行くような感覚"で訪れていただけるように、やわらかな感覚での施設運営を心がけております。
ぜひ、お出かけください。

略歴
成瀬政博プロフィール
1947年 大阪生まれ。大阪外国語大学卒業。実兄に横尾忠則。
1983年 画家として作品発表をはじめる。
1989年 大阪から長野県安曇野に移住。
1997年 「週刊新潮」表紙絵の連載はじまる。
2000年 タオル美術館ASAKURA「週刊新潮」表紙絵原画を常設展示。
2004年 個人美術館・museum cafe BANANA MOON 開館。
2007年 世界9条会議キャラクター制作。

現在は「週刊新潮」表紙絵の連載を主な仕事とし、作品展や、新聞・雑誌・広告・出版物装幀などに携わっている。
画集・詩集等の著書多数。

利用案内

開館時間/休館日/入館料
営業時間

9時30分~18時

休館日

水曜日(祝祭日の場合は翌日休館)
※大型連休は無休・冬期間 1・2月は土・日・祝のみ開館。

入館料

500円(ドリンク付)
※小学生未満のお子様はドリンクなし。入館無料

アクセス

電車をご利用の場合
新宿より特急あずさ2時間50分・大糸線40分
JR新宿駅 - 松本駅 - 穂高駅
大阪より新幹線1時間40分・特急しなの2時間20分・大糸線40分
JR新大阪駅 - 名古屋駅 - 松本駅 - 穂高駅

※穂高駅からは、周遊バス・タクシー・レンタルサイクル・レンタカーをご利用ください。
お車は10分、レンタサイクルは30分程度の所要時間がかかります。

お車をご利用の場合
東京方面より中央自動車道3時間
東京方面 - 岡谷J.C - 豊科I.C(安曇野I.C)
大阪方面より名神高速道路2時間30分・中央自動車道2時間30分
大阪方面 - 小牧J.C - 岡谷J.C - 豊科I.C(安曇野I.C)

※豊科I.C(安曇野I.C)下車後は、約20分の所要時間がかかります。

所在地/連絡先

museum cafe BANANA MOON

〒399-8301 長野県安曇野市穂高有明3613-32
TEL/FAX 0263-83-8838
公式サイト http://banana-moonweb.com/