安曇野ちひろ美術館
安曇野ちひろ美術館

安曇野ちひろ美術館 0261-62-0772

絵本画家いわさきちひろや世界の絵本画家の作品を展示する美術館です。木のぬくもりあふれる館内には、約3,000冊の絵本を自由に読める部屋や木のおもちゃで遊べるスペース、北アルプスを望む絵本カフェ、ミュージアムショップも併設しています。美術館への出入りは一日自由。建物の周囲に広がる53,500㎡の公園とあわせて、子どもから大人まで1日のんびり過ごすことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

美術館概要

美術館について

安曇野ちひろ美術館

安曇野ちひろ美術館は、1997年にちひろの心のふるさとである安曇野の地につくられました。周囲には53,500㎡の安曇野ちひろ公園が広がり、北アルプスから流れ出る清流、乳川がその脇を流れています。
この美術館は、ちひろの絵に出逢う場所であるとともに、ちひろ美術館が収集してきた世界の絵本画家の作品が展示されているところです。
建物は、日常生活から開放されて、ゆったりとくつろぎながら時をすごせるように設計されています。館内には、落ち着いて絵との対話ができる5つの展示室、絵本の図書室や子どもの部屋、戸外にも出られるカフェ、オリジナルグッズが並んだミュージアムショップなどに加え、2001年にオープンした世界の絵本館には、お花畑と北アルプスを望む多目的ギャラリーが設けられています。
2016年7月23日には、安曇野ちひろ公園内に、農業体験や郷土食づくりができる体験交流館や、『窓ぎわのトットちゃん』の世界を再現したトットちゃん広場が誕生しました。
そのほか公園には、復元されたちひろの黒姫山荘やチェコの絵本作家クヴィエタ・パツォウスカーがデザインした池や石のオブジェなどがあり、四季おりおりの表情を見せる花や木立の間を散策したり、川辺におりることもできます。

photo:橋本裕貴

施設紹介

展示室
展示室1 ちひろの仕事

代表作や絵本の原画、初期童画、油彩などを展示し、画業の全体像を紹介します。

展示室2 ちひろの人生

ゆかりの品々、素描やスケッチ、影響を受けた画家の作品、映像などを通して、いわさきちひろの人生を紹介します。
映像室では、下記の映像などをご覧いただけます。
・黒柳徹子と「いわさきちひろ」(21分)
・トットちゃん広場ができるまで(16分)

photo:橋本裕貴

展示室3・4 世界の絵本画家

世界各国の絵本画家の作品を展示します。コレクション作家の作品展をはじめ、さまざまな企画展を随時開催します。

展示室5 絵本の歴史

死者の書や時祷書(じとうしょ)、絵巻物から20世紀初頭の絵本にいたるまで、絵本とイラストレーションの歴史に関わる作品・資料を展示します。

多目的ギャラリー

大花壇や北アルプスを望めるガラス張りの空間です。企画展や講演会、ワークショップ、コンサートなども随時開催します。

  • photo:中川敦玲

  • photo:橋本裕貴

子どもの展示室(トットちゃんの部屋)

2016年、美術館に隣接する安曇野ちひろ公園内につくられた「トットちゃん広場」の完成とともに、美術館内には「電車の教室」の一部を再現した「子どもの展示室(トットちゃんの部屋)」ができました。 子どもたちが楽しめるワークショップを常時行っています。「のぞき穴」も人気です。
 

絵本の部屋

コレクション作家を中心に、国内外の絵本約3,000冊をそろえています。お好きな場所でくつろぎながら、絵本の世界に浸ることができます。

photo:橋本裕貴

子どもの部屋

絵本を読んだり、木や布のおもちゃで遊んだりできます。
小さな7つの椅子は「ななつなないす」、著名な建築家や家具デザイナーがデザインした椅子のミニチュアです。座面が一枚板でできていて、7つを並べると木目が合うようになっています(デザイン:中村好文)。

photo:橋本裕貴

ミュージアムショップ

ちひろの絵本やオリジナルグッズはもちろんのこと、『はらぺこあおむし』などコレクション作家の絵本やグッズ、小さな子どもにも安心・安全な、木のおもちゃや画材などもそろっています。お買い物を待つ間に、子どもたちが木のおもちゃで遊んだり、絵本を読んだりできるスペースもあります。

photo:橋本裕貴

絵本カフェ

利用時間:9時30分~16時(16時ラストオーダー)
ちひろが愛した いちごのババロアをはじめ、季節によって旬のものをご提供しています。
季節のフルーツを使ったタルトは人気です。

  • photo:橋本裕貴

  • ちひろが愛した いちごのババロア

利用案内

開館期間/開館時間/休館日/入館料
開館期間

3月1日~11月7日
※施設工事のため2017年は11月8日より冬期休館となります。

開館時間

9:00~17:00
GW [ 2017/4/29(土・祝)- 5/7(日)] および
お盆期間 [ 2017/8/11(金・祝)- 8/20(日)] は18:00まで

休館日

※2017年休館日一覧
 1/1(日)~2/28(火)、
 3/22(水)、4/12(水)、4/26(水)、
 5/10(水)、5/11(木)、5/12(金)、
 6/28(水)、7/5(水)、7/6(木)、7/7(金)、7/26(水)
 9/13(水)、9/14(木)、9/15(金)、9/27(水)、
 11/8(水)~12/31(日) 施設工事のため2017年は11/8より冬期休館となります。

入館料

大人800円、高校生以下無料
団体(有料入館者20名以上)、学生証をお持ちの方、65歳以上は700円
障害者手帳ご提示の方は400円、介添の方は1名まで無料
視覚障害のある方は無料
(なお、二重割引はいたしておりませんのでご了承ください。)

アクセス

電車の場合

JR大糸線「信濃松川」駅より約2.5km タクシー約5分・レンタサイクル約15分・徒歩約30分

車の場合

長野自動車道「安曇野I.C(豊科I.C)」より大町・白馬方面へ約30分

所在地/連絡先

安曇野ちひろ美術館

〒399-8501 長野県北安曇郡松川村西原3358-24
TEL 0261-62-0772/テレフォンガイド 0261-62-0777/FAX 0261-62-0774
公式サイト https://chihiro.jp/azumino/