絵本美術館・森のおうち
絵本美術館・森のおうち

絵本美術館・森のおうち 0263-83-5670

赤松林の中に佇む当館は、まさに“森のおうち”。児童文化の世界を通じて多くの人々と心豊かに集い、交流し、未来に私たちの夢をつないでゆきたいと1994年にオープンしました。国内外の絵本原画を年間5~6回企画を変えて展示。館内には、所蔵約8000冊の図書室や絵本にちなんだおもしろいランチやケーキが楽しめるカフェ、ショップもあります。静かにゆっくりと過ごせるコテージを併設。絵本を使った心温まる美術館貸し切りの結婚式も人気です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   美術館日記

絵本作家・はたこうしろうさん、おーなり由子さん来館

現在、原画を展示中の絵本作家・はたこうしろうさんと、おーなり由子さんが、先日、ご来館してくださいました。
今回の企画のようなご夫婦展は、初めてとのこと。光栄です。

ちょうど、たまたまこの日にご来館くださった皆様には、サインに応じてくださいました。
とても丁寧に、一つひとつに絵を描いて下さいました。その場でサラサラと描いていくのに、まるで初めからそこに印刷されていたような、色と形のバランスのすばらしさに驚かされます。

はた先生は、まるで少年のようにおもしろいものを発見していく目線を感じ、おーなり先生からは女性が憧れるやさしさと芯の強さを感じます。
そして、お互いを尊重しながら支え合って一緒に歩んでいる印象。なんてすてきなご夫婦でしょう。

そんなご夫婦、ご家族の姿は、おふたりの作品の中に描かれています。
そして、その絵本には、子どもたちの健やかな成長を願う気持ちと、大人が子どもたちにどう寄りそっていけばいいかが、ゆるやかに描かれていると思います。
「はたさん、おーなりさんに会いたかった!」と残念に思われる方も、絵本をひらけばおふたりに会うことができますよ。
           

      
はたこうしろう&おーなり由子 ふたり展
5月20日(金)~7月19日(火)

【展示作品】
『なつのいちにち』はたこうしろう/作 (偕成社)
『ぼくはうちゅうじん』中川ひろたか/作 はたこうしろう/絵 (アリス館)
『あかちゃんがわらうから』おーなり由子/作 (ブロンズ新社)
『ことばのかたち』おーなり由子/作 (講談社)