絵本美術館・森のおうち
絵本美術館・森のおうち

絵本美術館・森のおうち 0263-83-5670

赤松林の中に佇む当館は、まさに“森のおうち”。児童文化の世界を通じて多くの人々と心豊かに集い、交流し、未来に私たちの夢をつないでゆきたいと1994年にオープンしました。国内外の絵本原画を年間5~6回企画を変えて展示。館内には、所蔵約8000冊の図書室や絵本にちなんだおもしろいランチやケーキが楽しめるカフェ、ショップもあります。静かにゆっくりと過ごせるコテージを併設。絵本を使った心温まる美術館貸し切りの結婚式も人気です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   美術館日記

森の中のちいさなお友だち

秋の長雨のわずかな晴れ間。
人も植物も動物も、ひさびさのお日様に心も踊ります。
     
安曇野の森のなかでは、この時を待っていましたとばかりにきのこが胞子を飛ばし、虫や小さな生き物たちが出てきました。
        
遊びに来てくれた小さな男の子が何かを見つけて、夢中になっていたので、一緒に覗いてみました。
とても小さなトカゲでした。
       
男の子が近づいても、あまり驚かない様子のトカゲ。臆病なトカゲが逃げ出さないことにびっくりしていると、横にいたお母さんが、「普段から小さな生き物がとても好きなんですよ」と教えてくれました。
きっと、トカゲは、その男の子が自分を危ない目にあわせないことを分かっていたのですね。
       
お父さんが迎えに来るまでのしばらくの間、その子は一生懸命にトカゲの姿を追っていました。
やさしい日差しの下で、ほっこりした時間が流れました。
       
       

~コテージの番人 ジョバンニより