絵本美術館・森のおうち
絵本美術館・森のおうち

絵本美術館・森のおうち 0263-83-5670

赤松林の中に佇む当館は、まさに“森のおうち”。児童文化の世界を通じて多くの人々と心豊かに集い、交流し、未来に私たちの夢をつないでゆきたいと1994年にオープンしました。国内外の絵本原画を年間5~6回企画を変えて展示。館内には、所蔵約8000冊の図書室や絵本にちなんだおもしろいランチやケーキが楽しめるカフェ、ショップもあります。静かにゆっくりと過ごせるコテージを併設。絵本を使った心温まる美術館貸し切りの結婚式も人気です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   展示会・イベント情報

いせひでこと森のおうちの20年 絵本原画展

 絵本作家・いせひでこは、日常生活や旅先で魅了されたことを丁寧に取材して深める中で「物語が熟す」ことで一冊の絵本を生み出す制作をしています。その制作手法により、近年は「木(自然)との共存・いのち・子どもの成長」をテーマにしたシリーズを創作。
また、自然との共存や人の命にまつわる社会問題が日々伝えられる中、いせひでこは、世の中の大きな流れと、自身の周りで起きる出来事との関係性をしっかりと見つめ、出会いを大切にすることで人の心に寄り添う作品作りをしています。

 当館は、宮沢賢治の作品を通じていせひでこと出会い、1998年から親交を深めてきました。そのため、近年は毎年、新作の発表を当館の展示で行っています。
画家が安曇野に訪れ続けた20年の節目に、賢治、森、いのち、音楽、そして未来をみつめた新作も含め、展示を開催します。
         
         
期間:2018年7月6日(金)~10月2日(火)
時間:9:30~17:00(最終入館は閉館30分前、変更日あり・森のおうちHPカレンダー参照)
休館:木曜(祝日の場合振替あり、お盆の週は無休)
会場:第1展示室~第4展示室(3月16日~第1展示室も)
料金:通常入館料のみ(大人¥800、小・中学生¥500、3才以上¥250、3才未満無料)