絵本美術館・森のおうち
絵本美術館・森のおうち

絵本美術館・森のおうち 0263-83-5670

赤松林の中に佇む当館は、まさに“森のおうち”。児童文化の世界を通じて多くの人々と心豊かに集い、交流し、未来に私たちの夢をつないでゆきたいと1994年にオープンしました。国内外の絵本原画を年間5~6回企画を変えて展示。館内には、所蔵約8000冊の図書室や絵本にちなんだおもしろいランチやケーキが楽しめるカフェ、ショップもあります。静かにゆっくりと過ごせるコテージを併設。絵本を使った心温まる美術館貸し切りの結婚式も人気です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   展示会・イベント情報

絵本作家・舘野鴻ギャラリートーク&お話会「小さな生き物たち~鳥・昆虫が教えてくれること」

絵本作家・舘野鴻ギャラリートーク&お話会
「小さな生き物たち~鳥・昆虫が教えてくれること」

日時●2018年6月2日(土)  13時30分開演
開場●絵本美術館 森のおうち
参加費●大人1500円、中学生以下1000円 (美術館入館料を含む)
定員●60名(要予約)
申込方法●お電話(℡0263-83-5670)にて ※9:30~17:00受付

図鑑の生物画や解剖図なども手がけ、近年は「小さきいきもの」へ愛情を注ぎ、日夜山野を歩き、観察に基づいた独自の絵本を描き続ける舘野鴻(たてのひろし)さんに、小さい生き物たちの魅力や命のあり方を伺います。同時に舘野さんにまつわる絵本を紹介するお話会も開催(協力:森のおうちお話の会)。
    
舘野 鴻(たてのひろし)プロフィール
1968年に横浜市に生まれる。故・熊田千佳慕に師事。演劇、現代美術、音楽活動を経て環境アセスメントの生物調査委員となり、国内の野生生物全般に触れる。そのかたわら景観図や図鑑の生物画、解剖図などを手がける。2005年より絵本制作をはじめ、生物画の仕事に『生き物のくらし』(学習研究社)、『世界の美しき鳥の羽根』(藤井幹著・誠文堂新光社)、絵本に『宮沢賢治の鳥』(岩崎書店)、『しでむし』『ぎふちょう』『つちはんみょう』(いずれも偕成社)などがある。

 
        
<企画展>「宮沢賢治のどうぶつ絵本原画展」
【展示作品】
『オツベルと象』宮沢 賢治/作 荒井 良二/絵(ミキハウス)
『土神ときつね』宮沢 賢治/作 大畑 いくの/絵(ミキハウス)
『よだかの星』宮沢 賢治/作 伊勢英子/絵(講談社)
『宮沢賢治の鳥』国松 俊英/文 舘野 鴻/画(岩崎書店)
           
期間:2018年4月13日(金)~7月3日(火)
時間:9:30~17:00(最終入館16:30、変更日あり・森のおうちHPカレンダー参照)
休館:木曜(祝日の場合振替あり、G.W.は無休)
会場:第1~第4展示室
料金:通常入館料のみ(大人¥800、小・中学生¥500、3才以上¥250、3才未満無料)