絵本美術館・森のおうち
絵本美術館・森のおうち

絵本美術館・森のおうち 0263-83-5670

赤松林の中に佇む当館は、まさに“森のおうち”。児童文化の世界を通じて多くの人々と心豊かに集い、交流し、未来に私たちの夢をつないでゆきたいと1994年にオープンしました。国内外の絵本原画を年間5~6回企画を変えて展示。館内には、所蔵約8000冊の図書室や絵本にちなんだおもしろいランチやケーキが楽しめるカフェ、ショップもあります。静かにゆっくりと過ごせるコテージを併設。絵本を使った心温まる美術館貸し切りの結婚式も人気です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   美術館日記

どんぐり~クヌギのあかちゃん

安曇野市穂高にある某スーパーマーケットの駐車場に車を止めて、ふと上を見上げたらたわわに実るどんぐり!
近くにお住まいの方々、どこか分かりますか?
以外と気付かれていないと思います。
  
この写真を絵本作家・画家のいせひでこさんに見せたら「クヌギの実は、2年かけて実るんだよ。そう思うとより愛おしいでしょ?」と、教えてくれました。
   
いせひでこさんは、絵本『木のあかちゃんズ』や『見えない蝶を探して』(どちらも平凡社刊)の中に「クヌギのあかちゃん」を登場させています。
いせさんの絵から、確かにその愛おしさが伝わります。
    
これからの季節、どんぐりが注目されることも多くなります。
ぜひ、絵本『木のあかちゃんズ』も手にとってみてください。

そして、『見えない蝶を探して』の中に出てくる「クヌギのあかちゃん」の原画は、現在、当館にて展示中です。
この機会に、どうぞお越し下さいませ。


期間:2018年7月6日(金)~10月2日(火)
時間:9:30~17:00(最終入館は閉館30分前、変更日あり・森のおうちHPカレンダー参照)
休館:木曜(祝日の場合振替あり、お盆の週は無休)
会場:第1展示室~第4展示室(3月16日~第1展示室も)
料金:通常入館料のみ(大人¥800、小・中学生¥500、3才以上¥250、3才未満無料)