絵本美術館・森のおうち
絵本美術館・森のおうち

絵本美術館・森のおうち 0263-83-5670

赤松林の中に佇む当館は、まさに“森のおうち”。児童文化の世界を通じて多くの人々と心豊かに集い、交流し、未来に私たちの夢をつないでゆきたいと1994年にオープンしました。国内外の絵本原画を年間5~6回企画を変えて展示。館内には、所蔵約8000冊の図書室や絵本にちなんだおもしろいランチやケーキが楽しめるカフェ、ショップもあります。静かにゆっくりと過ごせるコテージを併設。絵本を使った心温まる美術館貸し切りの結婚式も人気です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   展示会・イベント情報

柳田邦男講演「人生の旅は絵本を手に~涙するときも微笑むときも~」&いせひでこギャラリートーク

いせひでこ絵本原画展「パリ青春彷徨、絵描きへの序章~そしていま」関連イベント
柳田邦男講演「人生の旅は絵本を手に~涙するときも微笑むときも~」
&いせひでこギャラリートーク


2019年8月31日(土)
12:30~受付
13:00~柳田邦男講演
14:40~いせひでこギャラリートーク
15:30~サイン会

参加費◆一般:前売予約 2500円(当日3000円)※美術館入館料込み
ご予約◆お電話で(0263-83-5670・森のおうち)
   *予約受付時間:9:30~16:00)
【2019年6月16日(日)9:30受付開始】

柳田邦男(やなぎだ くにお)●
ノンフィクション作家。
人生後半になって、絵本に秘められた深い文学性、芸術性を再発見して以来「大人こそ絵本を」「ケータイより絵本を」「絵本は子育てのバイブル」などのキャッチフレーズを掲げ、エッセイや全国各地への講演行脚で語りかけている。
著書多数。絵本の翻訳も多数。


「いせひでこ絵本原画展~パリ青春彷徨、絵描きへの序章~そしていま」
【展示作品】
・絵本『にいさん』(偕成社)原画<全点>
・「美しき愚かものたちのタブロー」(原田マハ/作、週刊文春)挿絵<全点>
・原田マハ単行本表紙絵タブロー
・20歳(はたち)の素描、習作
・タブロー「麦畑の自画像」
・他
期間:2019年7月5日(金)~10月1日(火)
時間:9:30~17:00(最終入館は閉館30分前、変更日あり・森のおうちHPカレンダー参照)
休館:木曜(お盆の週は無休)
会場:第1展示室~第4展示室
料金:通常入館料のみ(大人¥800、小・中学生¥500、3才以上¥250、3才未満無料)