IIDA・KAN
IIDA・KAN

IIDA・KAN 0263-83-6800

IIDA・KANはその名前が示すように、彫刻家・飯田善國の作品を展示しています。自然光が取り込まれた明るく個性的な展示空間で、心豊かな時間をお過ごしください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

美術館概要

美術館について

当美術館について

表情豊かな穂高の山並みのかたわら、豊かな自然とともに、私たちは仕事を続けてまいりました。そして、2000(平成12)年、創立30周年を迎えるにあたり、次の世紀に向けてさらに創造性の高い精緻な仕事をめざすため、私たちは新たな出発点を求めました。
私たちのめざす最高の精度の追求、そのための環境の整備は、それだけでは単なる技能の探求に終わってしまいます。その先にある本当の技術を求めるとき、私たちはそこに強い意志と豊かな感性が不可欠であると考えました。技術開発に関わる者がいつでも、こうした強い意志や豊かな感性と出会える場所をつくりたい、こうした願いから生まれたのがこのIIDA・KANです。
このIIDA・KANではその名前の示すように、飯田善國さんの作品をご覧いただきます。
戦後の日本を代表する独創的な彫刻家のひとりとして、さらに個性的な詩作や鋭い視点からの美術評論でもひろく知られる飯田さんですが、そのアーティストとしての出発点は油彩による絵画にありました。当館での収蔵・展示の中心は1950年代、若き日の飯田善國による絵画作品です。
荒々しいまでに強い意志で豊かさへの道を模索しはじめた1950年代はまた、戦争の傷跡からの治癒を求め、社会と個人が苦闘した時代でもありました。このIIDA・KANに展示された作品を通じて、飯田さんの創造のための強い意志や鋭い感性と同時に、そこに色濃く投影されているひとつの「時代精神」を、地域の方々をはじめひろく多くの方と共有することができれば幸いです。

施設紹介

個性的かつ独創的な建物本体

積雪の多い穂高の自然環境の中で、樋なしに雨水が一ヵ所に流れ落ちるように構想された二葉の屋根の組み合わせがを特徴づけています。建物全体は巨大な彫刻作品「SCREEN-CANYON」(高320cm×幅640cm×奥行146cm、1983年、写真↑)のための彫刻展示室と絵画展示室に分かれ、いずれも自然光がとりこまれています。展示空間はその中央に収蔵庫ほかを有機的に包み込んだ回廊状で、やわらかな曲線、天井の傾斜などに微妙に設定された角度が、個性的な空間を作り出しいます。

利用案内

開館時間/休館日/入館料
休館日

なし

開館時間

午前10時~午後4時

観覧料

無料

アクセス

JRの場合
JR大糸線穂高駅(一部特急停車)下車

「ハーモニックドライブ」を目的地にタクシーをご利用されることをおすすめします。(約15分)

お車の場合

お車でのご来館は、長野自動車豊科インターより県道495号、25号経由約20分。

所在地/連絡先

IIDA・KAN

〒399-8305 長野県安曇野市穂高大字牧1856-1
株式会社ハーモニック・ドライブ・システムズ穂高工場内
TEL 0263-83-6800