モデルコース

couse_main01
  • カップルで
  • 一人旅で
  • 友人同士で
  • 夫婦で
  • 家族で

千国街道アルプス展望コース

所要時間  徒歩:9時間
池田と大町をつなぐこの道は「美しい日本の歩きたくなるみち500選」にもなったコース。そして、日本海側の糸魚川から"塩"を運んだ道でもあります。その歴史は古く、古事記の神話や「敵に塩を送る」という言葉に残る、上杉謙信と武田信玄の伝説などにも通じています。

コースのポイント

  • 北アルプスの展望を眺め移動
  • かつての古道を散策し、この地域の歴史を体感できる
  • 眺めるだけでなく、山岳美術も知識もバッチリ☆
  1. START
    北アルプス展望美術館で観賞とスケッチ
    北アルプス展望美術館には、山下大五郎の描いた安曇野の風景画があります。また観賞の後には、駐車場やクラフトパークで北アルプスを一望しながらスケッチや写真撮影が楽しめます。(季節や時間帯によって、さまざまな表情が楽しめます。)
  2. 2
    国宝仁科神明宮で宝物を観賞!
    徒歩で3時間後に到着する仁科神明宮は、平安時代に作られたとされる日本最古の神明造りで国宝に指定されています。鎮守の森に囲まれた敷地でお参りと深呼吸をした後は、宝物収蔵庫で指定文化財が観賞できます。(拝観初穂料大人300円)
  3. 3
    大町市街地で昼食タイム
    2時間ほど歩いたら大町市街に入るので、そろそろ昼食にしましょう。『手打ちそば処 こばやし』は駅から最も近い手打ちそばの店。『豚のさんぽ 大町駅前店』では大町市がご当地メニューとして開発した『黒部ダムカレー』が味わえます。『わちがい』では古民家での落ち着いた雰囲気の中、大町名物の『おざんざ』を食べるのがおすすめです。
  4. couse_stepNext
  1. 4
    塩の道博物館で歴史にふれる
    日本海側の糸魚川から松本方面へ塩を運んだ道が千国街道(ちくにかいどう)です。ここでは、通称"塩の道"と呼ばれるこの街道の歴史と、人々の暮らしを紹介しています。塩の道博物館の建物は江戸時代の庄屋で塩問屋を営んだ平林家のものを利用しています。
  2. 5
    大町山岳博物館で濃密な時間を過ごす
    60年に渡り山岳研究を重ねて来た大町山岳博物館は、日本の博物館法ができる前に開館した歴史ある博物館。井上靖の小説『氷壁』のモデルとなった遭難事故のナイロンザイルや、昭和20年代の山小屋の再現など、北アルプスの自然と登山に関する資料や情報ならどこよりも揃っています。また、展望台からは北アルプスの大パノラマも一望でき、付属園ではカモシカなどの野生動物に出会える。ちびっ子にもおすすめです。
  3. GOAL

このプランに関連する美術館の情報を見る