市立大町山岳博物館
市立大町山岳博物館

市立大町山岳博物館 0261-22-0211

当館は日本初の"山岳"をテーマにした博物館として、1951(昭和26)年に北アルプス山麓のまち、大町(当時は町制)に誕生しました。以来、「山博(さんぱく)」の愛称で市民をはじめ地域のみなさんに親しまれてきました。
当館の常設展は「北アルプスの自然と人」がメインテーマです。自然科学・人文科学の両視点から、後立山連峰を中心とした北アルプスを総合的に紹介しています。北アルプスとその周辺にある素晴らしいフィールドへみなさんをお誘いし、「自然と人とが共生する山岳文化」を当館からのメッセージとしてお伝えします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   美術館日記

山と美術 ー山岳風景画とウッドシャフトピッケルー 展示再会

企画展開催のためご覧いただけなかった「山と美術 ー山岳風景画とウッドシャフトピッケルー」を再会いたしました。
山岳博物館が所蔵する山岳風景画の逸品、芸術品の域に達したウッドシャフトピッケルを間近かでご鑑賞ください。