碌山美術館
碌山美術館

碌山美術館 0263-82-2094

つたのからまる教会風の碌山館は、安曇野の象徴的存在。日本近代彫刻の扉を開いた荻原守衛(碌山)や高村光太郎、戸張孤雁などの生命感溢れる彫刻に出会えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   美術館日記

美術講座のご案内

ストーブを囲んで 

臼井吉見の荻原守衛考 を語る

生家の碌山館に碌山の作品を撮影させるため土門拳を

派遣し、大作『安曇野』を執筆した臼井吉見。

臼井は碌山に何を見ていたのか?

臼井吉見文学館友の会の方々の協力を得てのフォーラム形式のイベントです


パネリスト:内川美徳(臼井吉見文学館 館長)

       伊藤正住(『安曇野』を読む会世話人)

       五十嵐久雄(碌山美術館 館長)

ナビゲーター 武井敏(碌山美術館 学芸員)

12月5日(土)18:00~ 
会 場:グズベリーハウス