白馬三枝美術館
白馬三枝美術館

白馬三枝美術館 0261-72-4685

芸術院会員、文化功労者、文化勲章、日本トップ画家80名が描く白馬・安曇野の四季、北アルプス山岳画が一堂に会しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   展示会・イベント情報

~開館20周年特別企画~「田中春弥遺作展」

「出現 爺ヶ岳 」F100 1996年
「出現 爺ヶ岳 」F100 1996年

会期:2012年7月14日~12月23日

時間:9時~18時

会場:白馬三枝美術館

 (館内一部にて企画展を開催しております。その他の作家作品も多数展示しております。)

 

開館20周年を迎え、特別企画と致しまして開館当初 よりご指導頂きました(一水会運営委員、日展参与)田中春弥画伯の遺作展を開催しております。

70年間の画業で日本洋画壇の重鎮としてご活躍され、長野県大町市には平成3年からアトリエを構え、白馬、安曇野の作品を20年に亘り日展、一水会に数多く出品しました。その大胆かつ繊細な作品は見る人を魅了し、特に黒を基調とした重厚な作風は圧巻です。常に新しい題材に取り組む姿勢は画壇の中心にあって止むことはありませんでした。本展では家族を描いた作品、メキシコ巡歴の作品、白馬、安曇野の作品を中心に展示しております。

開催以来 大好評で、会期を延長しております。是非この機会にご覧ください。