田淵行男記念館
田淵行男記念館

田淵行男記念館 0263-72-9964

当館は、安曇野や北アルプスを愛したナチュラリスト、田淵行男が撮影したフィルムやガラス乾板などの原板約72,000点や生前に発行した著作36冊、撮影機材や登山用品など多くの遺品が豊科町(現・安曇野市)に寄贈されたことから、1990年7月7日に開館しました。
開館以来、これら資料の整理作業と、所蔵する原板からの展示用プリントの作成を行ってまいりました。記念館が監修し作成した展示用プリントは現在1,000点以上となり、収蔵プリントによって様々なテーマの企画展を開催しております。また全国的に知名度を誇る写真家の企画展や田淵行男賞受賞作家の企画展なども開催しております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   美術館日記

第4回田淵行男賞写真作品公募 選考結果発表

第4回田淵行男賞写真作品公募選考結果を発表いたします。
ご応募いただいた皆様どうもありがとうございました。

選考会 
 平成25年3月16日 午後1時30分~午後5時30分会場 ビレッジ安曇野第2研修室
選考委員長 飯沢耕太郎(写真評論家)
選考委員  大森久雄(編集者)
〃  宮崎学(写真家)
〃  海野和男(写真家)
   〃  勝又ひろし(「アサヒカメラ」編集長)
   〃  水越武(写真家)
  〃  財津達弥(前田淵行男記念館副館長)
応募点数92点
応募者数77人 (総写真数1,279枚)

田淵行男賞    上田 大作(山口県下関市) 「風連湖―冬の物語」

アサヒカメラ賞  熊倉 満(長野県松本市)  「語りかける天地」

日本カメラ賞   岡田 満(大阪府大阪市)  「黒潮の森」

フォトコン賞   大西 浩次(長野県長野市) 「天空の樹」

岳人賞      高橋 広平(長野県松本市) 「雷鳥~幾万年を紡ぐものたち~」

山と溪谷賞    知来 要(埼玉県幸手市)  「フィッシュアイズ」

尚、今後の予定としましては、以下のようになっております。

1.表彰式
 日 時 平成25年9月17日(火) 午後
 場 所 ニコンサロンbis新宿
   (東京都新宿区新宿1‐6‐1新宿エルタワー28階 電話03‐3344‐0565)
 (表彰式後にレセプション)

2.巡回展
 ①豊科交流学習センター「きぼう」にて日本自然科学写真協会展(SSP)と同時開催
  (安曇野市豊科5609‐3 電話0263‐71‐4033)
  会期:8月7日(水)~9月8日(日)
  時間:9時~17時(※最終日は午後3時まで、月曜日休館)
 ②ニコンサロンbis新宿
  会期:9月17日(火)~23日(月)
  時間:午前10時30分~午後6時30分(※最終日は午後3時まで)  
 ③ニコンサロンbis大阪
  (大阪市北区梅田2‐2‐2 ヒルトンプラザ・ウエストオフィスタワー13階
  電話06‐6348‐9698)
  会期:10月3日(木)~9日(水)
  時間:午前10時30分~午後6時30分(※最終日は午後3時まで)