田淵行男記念館
田淵行男記念館

田淵行男記念館 0263-72-9964

当館は、安曇野や北アルプスを愛したナチュラリスト、田淵行男が撮影したフィルムやガラス乾板などの原板約72,000点や生前に発行した著作36冊、撮影機材や登山用品など多くの遺品が豊科町(現・安曇野市)に寄贈されたことから、1990年7月7日に開館しました。
開館以来、これら資料の整理作業と、所蔵する原板からの展示用プリントの作成を行ってまいりました。記念館が監修し作成した展示用プリントは現在1,000点以上となり、収蔵プリントによって様々なテーマの企画展を開催しております。また全国的に知名度を誇る写真家の企画展や田淵行男賞受賞作家の企画展なども開催しております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   美術館日記

田淵行男 細密画展 「蝶の色彩」

ウスバキチョウ 制作年不詳
ウスバキチョウ 制作年不詳

このたび公益財団法人安曇野文化財団では、田淵行男が描いた蝶の細密画のうち12点について、原寸大のレプリカ(ピエゾグラフ)を制作いたしました。原画と見紛うばかりの美しい色彩の蝶をご覧下さい。田淵行男記念館では、これらのレプリカを学校や美術館・博物館、その他公共施設等への貸し出しや、講座・ワークショップ等の教材に活用することで、田淵行男の業績をより多くの皆様に知っていただきたいと考えております。
レプリカは現在、安曇野市豊科近代美術館にて公開しております。

会 期:8月8日(火)~27日(日)月曜休館 9時~17時
会 場:安曇野市豊科近代美術館 オリエンテーションルーム
(安曇野市豊科5609-3 TEL:0263-73-5638) 
※田淵行男記念館ではありませんのでご注意ください
入館料:オリエンテーションルームのみは無料