田淵行男記念館
田淵行男記念館

田淵行男記念館 0263-72-9964

当館は、安曇野や北アルプスを愛したナチュラリスト、田淵行男が撮影したフィルムやガラス乾板などの原板約72,000点や生前に発行した著作36冊、撮影機材や登山用品など多くの遺品が豊科町(現・安曇野市)に寄贈されたことから、1990年7月7日に開館しました。
開館以来、これら資料の整理作業と、所蔵する原板からの展示用プリントの作成を行ってまいりました。記念館が監修し作成した展示用プリントは現在1,000点以上となり、収蔵プリントによって様々なテーマの企画展を開催しております。また全国的に知名度を誇る写真家の企画展や田淵行男賞受賞作家の企画展なども開催しております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   展示会・イベント情報

水谷章人 写真展 信濃路

【乗鞍 畳平からの光彩】
【乗鞍 畳平からの光彩】

会期:2018.4.24(火)~7.16(月・祝) 
会場:地階展示室   
内容:長野県飯田市出身、スポーツ写真家として活躍する水谷章人氏がとらえた故郷信州の、自然が織りなす四季の風景をご紹介します。
企画協力:アトリエ クライム

水谷 章人 Akito Mizutani
1940年、長野県飯田市生まれ。1965年、東京総合写真専門学校卒業後、フリーランスの写真家として活動。山岳写真を経てスキーの分野に移行し、やがてスポーツ全般の撮影を手がける。近年は風景写真等、取材多数。また若手の写真家育成を目的としたスポーツ写真プロ育成「水谷塾」の塾長を務めて現在に至る。現在までに、スポーツ、山岳、風景など19冊の写真集を出版。個展を40回開催。2017年にはウズベキスタンにてスポーツ写真展を催した。第12回講談社出版文化賞、第3回藤本四八写真文化賞等、数多くの賞を受ける。日本スポーツプレス協会会長。
 
 
※4月30日(月・祝)にトークショーを行います。
水谷章人氏 トークショー「我が愛しの宝石箱=信濃路」
日時:4月30日(月・祝)午後2時~3時半
場所:田淵行男記念館地階展示室
定員:40名(要申込み・先着順) ※要入館料
内容:アトリエ クライム主宰で写真家の清水博純氏をコーディネーターにお迎えし、水谷氏と、氏に師事した写真家の小口和利氏(田淵行男記念館友の会写真部会講師)との対談を行います。