田淵行男記念館
田淵行男記念館

田淵行男記念館 0263-72-9964

当館は、安曇野や北アルプスを愛したナチュラリスト、田淵行男が撮影したフィルムやガラス乾板などの原板約72,000点や生前に発行した著作36冊、撮影機材や登山用品など多くの遺品が豊科町(現・安曇野市)に寄贈されたことから、1990年7月7日に開館しました。
開館以来、これら資料の整理作業と、所蔵する原板からの展示用プリントの作成を行ってまいりました。記念館が監修し作成した展示用プリントは現在1,000点以上となり、収蔵プリントによって様々なテーマの企画展を開催しております。また全国的に知名度を誇る写真家の企画展や田淵行男賞受賞作家の企画展なども開催しております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   展示会・イベント情報

第3回むしの会

今年度3回目の自然観察会を下記のとおり開催します。
会員の皆様におかれましては、ご参加くださいますようお願いします。

1.日  時 6月2日(土) 9:30~12:00
       ※公園の開場時間も9:30です
2.内  容 国営アルプスあづみの公園でオオルリシジミの観察
3.集  合 国営アルプスあづみの公園堀金・穂高地区ガイドセンター (料金を払うところ)前
       ※入場料はこちらで負担します
4.持ち物 筆記用具、ナップザック、おやつ、飲み物、雨具など 
       ※国営公園では動植物の採集は禁止されています。
        今回は採集の道具(捕虫網等)も持ち込めません。
5.服  装 長袖シャツ、長ズボン、歩きやすい靴、帽子
6.その他  今回は直接現場集合となります。
       尚、雨天の場合は、テーマ展示館の見学等を行います。