田淵行男記念館
田淵行男記念館

田淵行男記念館 0263-72-9964

当館は、安曇野や北アルプスを愛したナチュラリスト、田淵行男が撮影したフィルムやガラス乾板などの原板約72,000点や生前に発行した著作36冊、撮影機材や登山用品など多くの遺品が豊科町(現・安曇野市)に寄贈されたことから、1990年7月7日に開館しました。
開館以来、これら資料の整理作業と、所蔵する原板からの展示用プリントの作成を行ってまいりました。記念館が監修し作成した展示用プリントは現在1,000点以上となり、収蔵プリントによって様々なテーマの企画展を開催しております。また全国的に知名度を誇る写真家の企画展や田淵行男賞受賞作家の企画展なども開催しております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   美術館日記

長野市立博物館企画展にて田淵行男の石を展示中です

今日から始まる長野市立博物館の夏の企画展「石ころものがたり~アンダーグラウンド長野~」にて、田淵行男が集めた岩石の一部を公開中です。詳細はこちらをご覧ください。

長野市立博物館 夏の企画展「石ころものがたり~アンダーグラウンド長野~」
会期:2019年7月13日(土)~9月1日(日)
開館時間:9時~16時30分(入館は16時まで)
休館日:7月16日(火)、22日(月)、29日(月)、8月5日(月)、19日(月)、26日(月)
入館料:一般300円 高校生150円 小・中学生100円 ※土曜は小・中学生無料
お問い合わせ:長野市立博物館 TEL026-284-9011