安曇野高橋節郎記念美術館
安曇野高橋節郎記念美術館

安曇野高橋節郎記念美術館 0263-81-3030

黒と金で描かれる高橋節郎の幻想的な漆芸術、版画、墨彩画を展示。国の登録有形文化財に指定される敷地内の高橋節郎の生家は、昔ながらの安曇野の暮らしを今に伝え、庭園は四季それぞれに趣のあるくつろぎの空間となっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   展示会・イベント情報

春季展示「百花繚乱-高橋節郎の花と華-」

ひなげしの図小屏風
ひなげしの図小屏風

高橋節郎(1914-2007)の作品の中には多くの花々が描きこまれています。初期作品の中の花々は、伝統的な漆工芸の技術と色漆を使った現代的な技法を巧みに用いて描かれています。制作年から時を経た現在においても、今を盛りに咲き誇る花々の香り立つような艶やかさが伝わってくるようです。また、漆黒と金で表現される高橋節郎独自の世界においても、花々は主要なモチーフとして画面に描きこまれています。黒と金のモノトーンで描かれた花々は、その他の色が排されているからこそ、多彩な色感を私たちの心に感じとらせます。
春を迎えた安曇野では、厳しい冬を乗り越えた美しい花々が咲き始めます。暖かな陽気とともに次々に花開く季節、花見がてら作品の中に咲く花もお楽しみください。
        

  • 展示作品:高橋節郎の漆芸作品等 約40点
  •      
  • 観覧料 :一般 400円(団体・割引 350円)
  • 高校・大学生  300円(団体・割引 250円)
  • 中学生以下、70歳以上  無料
  • 開催期間:平成25年3月19日(火)-7月11日(木)
  • 会期中休館:毎週月曜日(祝祭日の場合、開館)、祝祭日の翌日