安曇野高橋節郎記念美術館
安曇野高橋節郎記念美術館

安曇野高橋節郎記念美術館 0263-81-3030

黒と金で描かれる高橋節郎の幻想的な漆芸術、版画、墨彩画を展示。国の登録有形文化財に指定される敷地内の高橋節郎の生家は、昔ながらの安曇野の暮らしを今に伝え、庭園は四季それぞれに趣のあるくつろぎの空間となっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   美術館日記

そば猪口アート公募展 入賞作品紹介

《GEMME》  古川千夏
《GEMME》  古川千夏

《ゆらめき》 山本弥生
《ゆらめき》 山本弥生

現在開催中の『第6回そば猪口アート公募展』に展示している入賞作品を紹介します。

審査員賞 「GEMME」 古川千夏さんの作品。

キラキラと輝く水面をイメージした作品です。有線七宝技法により、底側全体に貼られたリボン状の銀線や釉薬が、まさにGEMME・・宝石のように輝きます。


審査員賞 「ゆらめき」 山本弥生さんの作品。

デザインにこだわったというこちらの作品、図案化された光と炎のゆらめきが全体にサンドブラスト技法で表現されています。手前の模様の合間から奥の模様がちらちらと映りとても優美な作品です。


今回、ご紹介いたしました12作品と同様に、入選114点も、作品ごとに違った素材、技法、いろいろなそば猪口が楽しめます。
実物でしか伝わらない、見る角度や光によって変化する沢山の表情を、ぜひ目で味わっていただきたく思います。

この展示は10月9日(日)まで。ぜひお見逃しなく。