安曇野高橋節郎記念美術館
安曇野高橋節郎記念美術館

安曇野高橋節郎記念美術館 0263-81-3030

黒と金で描かれる高橋節郎の幻想的な漆芸術、版画、墨彩画を展示。国の登録有形文化財に指定される敷地内の高橋節郎の生家は、昔ながらの安曇野の暮らしを今に伝え、庭園は四季それぞれに趣のあるくつろぎの空間となっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   展示会・イベント情報

冬季展示「故郷安曇野墨彩展」

高橋節郎 《北アルプスの見える町》 墨彩画/1982
高橋節郎 《北アルプスの見える町》 墨彩画/1982

 いつもの日も変わらないものは穂高の山。
険しく厳しいその姿には、岳とか、嶽、それよりさらに厳しい巒(らん)、
そんな字がピッタリと合う。
実際に目の前にしていなくても、私の心に住む原風景としての山が、
筆の先から現れてくる。
(図録より)

漆芸家 高橋節郎は、漆作品だけでなく、多くの墨彩画も残しており、そこには故郷の風景、山が描かれているものが沢山あります。
今展では、墨彩画を中心に、漆作品、書などを展示します。高橋節郎の心に住む世界をお楽しみください。



会  期 11月21日(火曜日)から平成30年2月25日(日曜日)
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)、
      祝日の翌日、年末年始(12月28日から1月4日)
時  間 9時から17時
観覧料 一般 400円(団体 350円)
             高校・大学生等 300円(団体 250円)
      ※団体20名以上
      中学生以下・障害者手帳をお持ちの方と介助者・70歳以上の安曇野市民は無料です。