安曇野高橋節郎記念美術館
安曇野高橋節郎記念美術館

安曇野高橋節郎記念美術館 0263-81-3030

黒と金で描かれる高橋節郎の幻想的な漆芸術、版画、墨彩画を展示。国の登録有形文化財に登録される敷地内の高橋節郎の生家は、昔ながらの安曇野の暮らしを今に伝え、庭園は四季それぞれに趣のあるくつろぎの空間となっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   展示会・イベント情報

企画展オープニングコンサート

第1部 安曇野混声合唱団
第1部 安曇野混声合唱団

第2部 野田裕子
第2部 野田裕子

 
企画展「小口正二と高橋節郎」を記念して、開催初日に美術館主屋でコンサートを開催します。

→企画展案内はこちら

7月7日 15時~16時15分
入場無料  申込不要 (企画展の観覧料は有料)
会  場    安曇野高橋節郎記念美術館 主屋

《第1部》 安曇野混声合唱団

曲目:Stand Alone  穂高の四季  ほか

プロフィール:
2005年に発足した安曇野市唯一の混声合唱団。4月末の早春賦音楽祭、8月の「夏の終わりコンサート」等で活動。2008年には安曇野高橋節郎記念美術館による委託作品「穂高の四季」を録音すると共に、高橋節郎一周忌に合わせて記念美術館で初演。2015年10月に穂高交流学習センター「みらい」で10周年コンサートを開催。

 

《第2部》 野田裕子/二胡

曲目:シルクロード  椰子の実

プロフィール:
平成5年、李本華氏・李本良氏に師事し、二胡演奏を始める。平成7 年 北京で開催された「中国民族器楽独奏大会」にて3 位入賞。北京音楽庁に於いて演奏をする。
NHK文化センター、松本市、長野市、上越市他で二胡講師をつとめる傍ら、各地で演奏活動やテレビ出演を行っている。
また、C M や舞台音楽等に参加す中で、平成16年に中嶋拓路氏(キーボード)、縣昭文氏(ベース)と「Trio the 驪」を結成し、ファーストアルバム「アジアの片隅に」をリリース。
平成22年から、作曲家でギタリストの角田忠雄氏と長野市で定期ライブを続行中。
平成23年、作曲家のトコオタクヤ氏と「時空旅行」を結成。ジャンルを問わず、トコオ氏のアレンジにより独自の音楽性を追求し、ライブを行っている。