安曇野高橋節郎記念美術館
安曇野高橋節郎記念美術館

安曇野高橋節郎記念美術館 0263-81-3030

黒と金で描かれる高橋節郎の幻想的な漆芸術、版画、墨彩画を展示。国の登録有形文化財に登録される敷地内の高橋節郎の生家は、昔ながらの安曇野の暮らしを今に伝え、庭園は四季それぞれに趣のあるくつろぎの空間となっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   美術館日記

講座『漆deはし作り』開催

東京藝術大学漆芸研究室から田中館亜美さんと平井順名さんを講師としてお迎えし、昨日と本日、各1日の講座を開催しています。
美術館では毎年数回、高橋節郎先生の漆芸技法を実際に体験し、節郎作品をまた違った見方で楽しんでいただく漆芸講座を開催しております。今回の「漆deはし作り」は、当館では初めて行う講座になります。

ご用意しました漆黒のうるし塗りのはし1膳に、赤や青などの鮮やかな色漆で自由に模様を描き、その上や周りに金粉を蒔いてさらに華やかにします。植物を描く方、幾何学模様の方など、皆さま自分だけの素敵なはしが出来上がりました。