安曇野高橋節郎記念美術館
安曇野高橋節郎記念美術館

安曇野高橋節郎記念美術館 0263-81-3030

黒と金で描かれる高橋節郎の幻想的な漆芸術、版画、墨彩画を展示。国の登録有形文化財に登録される敷地内の高橋節郎の生家は、昔ながらの安曇野の暮らしを今に伝え、庭園は四季それぞれに趣のあるくつろぎの空間となっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   美術館日記

企画展「小口正二と高橋節郎」始まりました

企画展のようす
企画展のようす

今年度の企画展が始まりました。

この展示では、同時代に生き、漆工の地平を切り開いた諏訪出身の小口正二と安曇野出身の高橋節郎の作品を色彩表現に焦点をあて紹介します。

初日には企画展オープニングを記念し、混声合唱団と二胡によるコンサートを開催しました。第1部では安曇野混声合唱団により、高橋節郎作詞「穂高の四季」も演奏されました。こちらは高橋節郎一周忌以来の演奏となります。開館15周年となります今年、感慨深い演奏となりました。第2部 野田裕子さんによる二胡の演奏では、静かな曲から激しいリズムの曲まで、二胡を堪能する演奏となりました。

企画展は9月9日までとなります。お待ちしております。