安曇野高橋節郎記念美術館
安曇野高橋節郎記念美術館

安曇野高橋節郎記念美術館 0263-81-3030

黒と金で描かれる高橋節郎の幻想的な漆芸術、版画、墨彩画を展示。国の登録有形文化財に登録される敷地内の高橋節郎の生家は、昔ながらの安曇野の暮らしを今に伝え、庭園は四季それぞれに趣のあるくつろぎの空間となっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   美術館日記

七宝講座

参加者の作品
参加者の作品

本日は友の会主催の講座「七宝アクセサリーづくり」を開催しました。
10㎝ほどの銅板1枚を、好きな形に切り抜き、金づちで鎚目をつけて、模様をイメージしながら専用の釉薬をのせて焼成します。

銅板をそのまま贅沢に1個として作る方、切り分けて2.3つ作る方、様々な形の生地となる銅板が出来上がり、今回は青、緑、紫の釉薬を土台に飾りました。
一気にすべて作成するのではなく、1個づつ順番に作成していったため、2個め3個目になるにつれ、より違った色を使おう、表現をしてみようと凝った作品ができていきます。

最後に力作にアクセサリーのパーツをつけ、素敵なブローチやネックレスが出来上がりました。