安曇野高橋節郎記念美術館
安曇野高橋節郎記念美術館

安曇野高橋節郎記念美術館 0263-81-3030

黒と金で描かれる高橋節郎の幻想的な漆芸術、版画、墨彩画を展示。国の登録有形文化財に登録される敷地内の高橋節郎の生家は、昔ながらの安曇野の暮らしを今に伝え、庭園は四季それぞれに趣のあるくつろぎの空間となっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   美術館日記

沈金ペンダントづくり

東京藝術大学漆芸研究室から中内安紀徳さんと川ノ上拓馬さんを講師としてお迎えし、本日、明日の各半日の講座を開催しています。美術館で毎年開催する漆講座の一つで、高橋節郎先生の漆の技法を実際に体験し、節郎作品をまた違った見方で楽しんでいただく講座です。
5㎝弱ほどの漆黒のブローチに沈金刀や道具用に加工したくぎを使い、みなさん自由に図柄を描いていきます。小さく、盛り上がった曲面というのはなかなか難しいのですが、なかなかの密度で彫りをいれ、力作ぞろいでした。
講座は明日も行っており、会場は自由に見学ができますので、ご興味のある方はぜひ、見にいらっしゃって下さい。