安曇野高橋節郎記念美術館
安曇野高橋節郎記念美術館

安曇野高橋節郎記念美術館 0263-81-3030

黒と金で描かれる高橋節郎の幻想的な漆芸術、版画、墨彩画を展示。国の登録有形文化財に登録される敷地内の高橋節郎の生家は、昔ながらの安曇野の暮らしを今に伝え、庭園は四季それぞれに趣のあるくつろぎの空間となっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   美術館日記

フランス人間国宝 ル・グエン氏が来館されました!

気に入った節郎作品をお聞きしたところ「満天星花」(画像の漆屏風)をお選びいただきました
気に入った節郎作品をお聞きしたところ「満天星花」(画像の漆屏風)をお選びいただきました

グエン氏の作品です
グエン氏の作品です

本日、最年少でメートル・ダール」の認定を受けた扇作家、シルヴァン・ル・グエン氏が来館されました。
メートル・ダールとは、フランス伝統工芸の最高技能者に授与される称号であり、日本では「フランス人間国宝」とも称されています。

展示室や庭園をゆっくり見ていただき、その後ル・グエン氏の扇作品も見せていただきました。
何種類かの紙に折りを入れ組み合わせた扇や、絹にスパンコールをちりばめた扇など、どの作品も違う素材を使っており素敵で、美術館にとって贅沢な時間となりました。

ル・グエン氏もたっぷりご堪能いただきました展示「花日和」は、7月10日まで開催中です。ぜひお待ちしております。