安曇野市豊科近代美術館
安曇野市豊科近代美術館

安曇野市豊科近代美術館 0263-73-5638

日本の近代彫刻の巨匠、高田博厚の彫刻作品と、森鴎外ゆかりの画家、宮芳平の絵画作品を常設展示しています。四季咲きのバラを中心とした美術館庭園では、四季折々の散策をお楽しみ頂けます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   美術館日記

中学生作品の紹介②

穂高西中学校生徒の作品「金魚」
穂高西中学校生徒の作品「金魚」

豊科中学校生徒の作品「古の京都」
豊科中学校生徒の作品「古の京都」

 今日は真っ青な青空になりました。こんな日はアルプス連峰がくっきり見えます。昨日に引き続き、穂高西中学校、豊科北中学校の作品をご紹介します。

 穂高西中学は美術部員20名。「彩~描く心、観る、感じる心に彩りを~」を目標に活動しています。様々なジャンルに挑戦し可能性を感じさせる作品が展示されています。
 右の作品は、「金魚」。緻密な筆致で丁寧に書き込まれた金魚が、画面にリズミカルに配されています。実物の繊細な描写をぜひご覧いただきたい作品です。

 続いて豊科北中学校。20名で活動しています。技術を向上させ様々な作品を描くことを目指しています。校内でも、階段アートやステージバックの制作に取り組んでいるそうです。
 こちらの作品タイトルは、「古の京都」。奥の寺院が桜に包まれているかのような、おおらかで心温まる作品です。心情も含まれた風景画に仕上がっています。

 生徒の皆さんの作品から、日常の何気ない思いや大きな感動がストレートに伝わってきます。気持ちを絵で描きとめておく、というのも良いですね。