安曇野市豊科近代美術館
安曇野市豊科近代美術館

安曇野市豊科近代美術館 0263-73-5638

日本の近代彫刻の巨匠、高田博厚の彫刻作品と、森鴎外ゆかりの画家、宮芳平の絵画作品を常設展示しています。四季咲きのバラを中心とした美術館庭園では、四季折々の散策をお楽しみ頂けます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   美術館日記

伝統文化を受け継ぐ しめ縄講習会

みんなで教え合い助け合って作りました。
みんなで教え合い助け合って作りました。

上手な人の作品は売り物になりそう!
上手な人の作品は売り物になりそう!

お正月飾りは、その土地ごとに古くから伝わる伝統文化です。「しめ縄講習会」は、大げさかもしれませんが安曇野の伝統を守り、受け継ぐ大切な役割を担っているのかもしれません。

12月22日、当館オリエンテーションルームで、友の会主催によるしめ縄講習会が開かれました。参加者の皆で車座になり、一人3種類の飾りを藁(わら)を編んだり綯(な)ったりして作りました。講師の先生と友の会の皆さんの優しくていねいなご指導のおかげで、全員がすてきな正月飾りを作ることができました。

やったことのある人はわかりますが、藁を綯うためには、高性能ロボットでも容易にマネできない微妙で複雑な手の動きが求められます。まさに「手作りの実感」を味わえるしめ縄作り。現代の日本人には得難い貴重な体験です。今や消えつつある藁の文化のよさや楽しさを、しめ縄講習会は改めて教えてくれました。