安曇野市豊科近代美術館
安曇野市豊科近代美術館

安曇野市豊科近代美術館 0263-73-5638

日本の近代彫刻の巨匠、高田博厚の彫刻作品と、森鴎外ゆかりの画家、宮芳平の絵画作品を常設展示しています。四季咲きのバラを中心とした美術館庭園では、四季折々の散策をお楽しみ頂けます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   展示会・イベント情報

高田博厚 新規収蔵品公開

「レオン・ドゥーベル」
「レオン・ドゥーベル」

「彫刻の手」
「彫刻の手」

 平成29年、高田博厚は没後30年を迎えました。本年度、新たにご寄贈いただいた作品10点を、無料公開します。
 アトリエに現存する貴重な素描8点と、ブロンズ2点です。女性を描いた素描や風景の水彩画、タゴールの木炭デッサンなど、高田の日々の制作の姿勢をうかがうことが出来ます。またブロンズ作品は、高田がフランス時代に制作した貴重な作品です。
常設展示作品も併せてどうぞご覧ください。


 小企画:高田博厚 新規収蔵品 公開

 期 間:平成30年1月27日(土)~3月31日(土)

 場 所:豊科近代美術館 多目的ホール

 開館時間:午前9時から午後5時
      ※入場は午後4時半まで

 ※多目的ホールのみの入場は無料 
 ※多目的ホール・喫茶の入場/
  3月2日まで土日のみ
  3月3日から通常となります。