安曇野市豊科近代美術館
安曇野市豊科近代美術館

安曇野市豊科近代美術館 0263-73-5638

日本の近代彫刻の巨匠、高田博厚の彫刻作品と、森鴎外ゆかりの画家、宮芳平の絵画作品を常設展示しています。四季咲きのバラを中心とした美術館庭園では、四季折々の散策をお楽しみ頂けます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   展示会・イベント情報

春を呼ぶコンサート

ようやく春の足音の聞こえてくる3月。
今年も「春を呼ぶコンサート」を開催します。
今回は高田博厚と親交を深めた、高橋元吉のひ孫にあたる、 
高橋在也さんをお迎えし、演奏と朗読によるコンサートです。
新規収蔵された高田博厚のブロンズ・素描作品も会場に展示
します。春のおとずれを、美術と音楽とともにお楽しみください。


名 称 : 春を呼ぶコンサート

日 時 : 平成30年3月17日(土) 
      午後1時半開場 午後2時開演

出 演 : 高橋在也さん(ピアノ、朗読) ※高橋元吉のひ孫

内 容 : 高田の作品イメージをピアノ曲にして演奏します。

※入館料が必要です

※【高橋元吉(たかはし もときち・1893 ~ 1965 年)】
詩人、書家。長年、高田博厚とかたい友情で結ばれていた。
群馬県前橋市に書店煥乎堂の二男として生まれる。家業
を手伝うため進学を断念し、店員として働いていたが文
学への夢は断ち切ることが出来ずにいた。白樺系の作家
詩人との交友や、萩原朔太郎との文通を続け、高田博厚
や尾崎喜八らと雑誌『大街道』を創刊するなど、地道に
詩や評論を発表し続けた。家族の死や勤務での憂欝のた
め、より一層自然愛が募っていく。1942 年兄のあとを継
いで社長となったが、戦前戦後の混乱と経営難の中、復
興に尽力し、今日の煥乎堂を築き上げる一方、郷土の文
化や友人後進への助力にも努めた。生前よりもむしろ没
後、一般に評価を受けた詩人であり、優れた書や絵画も
多く残した。代表的な詩集として『遠望』『耽視』『耶律』
『高橋元吉詩集』など