安曇野市豊科近代美術館
安曇野市豊科近代美術館

安曇野市豊科近代美術館 0263-73-5638

日本の近代彫刻の巨匠、高田博厚の彫刻作品と、森鴎外ゆかりの画家、宮芳平の絵画作品を常設展示しています。四季咲きのバラを中心とした美術館庭園では、四季折々の散策をお楽しみ頂けます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   美術館日記

高田年譜 新設しました

これからのお天気が心配です。週末まで花がもつといいのですが・・・。
これからのお天気が心配です。週末まで花がもつといいのですが・・・。

年譜は第一展示室、道具展示台の上です。
年譜は第一展示室、道具展示台の上です。

昨日はとても暖かい陽気で、バラ園周辺のサクラの開花が一気に進んだようです。バラの花はまだですが、すっかり春めいているバラ園に、どうぞお出かけください。

美術館では、今年度も多くのお客様にご来場いただけるよう、展示の工夫を進めています。この度、高田博厚の年譜を新しく作り直して展示しました。激動の時代の中で生み出された高田作品の時代背景を知ることで、よりいっそう作品鑑賞をお楽しみいただけることと思います。

当館の中心収蔵作家、高田博厚(1900-1987)は、二度の世界大戦、日本の戦後の復興、高度経済成長期を生き抜いた彫刻家です。激動の20世紀、日仏両国で著名人たちと交流を深めながら多くの優れた作品を残しました。

展示作品が作られた時代背景を知るだけでなく、鑑賞者ご自身の人生と照らして見ることで、さらに味わい深く見ることができることでしょう。すでに来館されたことのある方も、年譜をご覧いただきながらあらためてご鑑賞いただければと思います。