安曇野市豊科近代美術館
安曇野市豊科近代美術館

安曇野市豊科近代美術館 0263-73-5638

日本の近代彫刻の巨匠、高田博厚の彫刻作品と、森鴎外ゆかりの画家、宮芳平の絵画作品を常設展示しています。四季咲きのバラを中心とした美術館庭園では、四季折々の散策をお楽しみ頂けます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   美術館日記

2018信州総文祭 写真部門展 開幕

エントランスのこの看板が目印です。
エントランスのこの看板が目印です。

巨匠の作品を見て学ぶこともできます。
巨匠の作品を見て学ぶこともできます。

今日から信州総文祭 写真部門展が開幕しました。当館では今年限りの開催です。この機会を、どうぞお見逃しなく。

本展は全国の高校写真部の甲子園のようなもの。全国選抜作品は、レベルが高く見ごたえがあります。どの作品も若さにあふれ、人の温もりが感じられます。写真を学ぶ人や若い人だけでなく、どなたでも十分に見て楽しんでいただける展覧会です。

また本展に合わせ、きぼうの学習室では「世界名作写真展」も開催中です。これは東京工芸大学のコレクションの一部で、めったに見られない貴重なもの。ロバートキャパ、ユージンスミス、土門拳、木村伊兵衛など、写真史に名を残す巨匠の作品を間近に見ることができます。

会期は11日(土)まで。会期中は開館時間が1時間延長となり、18:00閉館(入場は17:30まで)です。本展のみの入場は無料。美術館エントランスが入口です。注:きぼう側からの入場はできません。