安曇野市豊科近代美術館
安曇野市豊科近代美術館

安曇野市豊科近代美術館 0263-73-5638

日本の近代彫刻の巨匠、高田博厚の彫刻作品と、森鴎外ゆかりの画家、宮芳平の絵画作品を常設展示しています。四季咲きのバラを中心とした美術館庭園では、四季折々の散策をお楽しみ頂けます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   美術館日記

フェルトのブローチを作りました

作成風景
作成風景

作品集合。愛着を感じるフォルムです。
作品集合。愛着を感じるフォルムです。

6月29日に喫茶でワークショップを開催しました。

今回は、安曇野らしいモチーフとして雷鳥のブローチ」づくり。

昨年12月のシンビズム展の折、当館で作品展示とワークショップをしていただきました橋口優さんに講師をお願いして行いました。

羊毛フェルトを専用の針で、プツプツ刺して、アウトラインを作った後は、雷鳥らしい模様づけ。口ばしをつける工程では、この子は優しいそうだから、女の子だから、悪そうな感じだから・・・と、講師の橋口さんと相談する風景も・・・。

最後は、個性豊かに、わふわ、ぷっくりかわいい雷鳥たちが出来上がりました。

午前の部では、雷鳥写真家の高橋広平さんも飛び入り参加し、雷鳥の生態も詳しくレクチャーする場面もありました。モノづくりに加えて、またプラスアルファの楽しみも感じていただけたようです。

集中して制作をした後は、いつものようにティータイム。

作家さんを身近に感じていただける貴重な機会になりました。

参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

なお、今回、好評のため、予定より早く定員に達し、断りした方も多くいました。申し訳ございませんでした。

今後も趣向をこらして「喫茶でワークショップ」を企画をしていきますので、お楽しみに。