安曇野ビンサンチ美術館
安曇野ビンサンチ美術館

安曇野ビンサンチ美術館 0263-83-5983

庭を散歩しながら絵を観たり、薪小屋がギャラリーになっていたり、楽しくて不思議な北山敏・早苗の作品を展示する個人美術館です。
お茶やコーヒーの無料サービスも好評です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   美術館日記

ビンサンチ美術館のガーデン便り(5/17) とラベンダースティックづくりのお知らせ

咲き始めたフレンチラベンダー
咲き始めたフレンチラベンダー

昨年作ったラベンダースティック。右がいわゆるスティック型のもので、リボンは2本。ハート形は今年複数回参加の方のために用意しているもの。
昨年作ったラベンダースティック。右がいわゆるスティック型のもので、リボンは2本。ハート形は今年複数回参加の方のために用意しているもの。

毎年参加のアカネさんは、昨年はカゴ型を作りました。
毎年参加のアカネさんは、昨年はカゴ型を作りました。

安曇野ビンサンチ美術館に併設のガーデンでは、フレンチラベンダーが咲き始めました。
フレンチラベンダーの特徴は、何と言ってもうさぎの耳のような花びらです。
ラベンダーの中では一番早くに咲きますが、寒さに弱くて、ビンサンチガーデンに植えた数種類のフレンチラベンダーの中で生き残っているのは、1つだけになってしまいました。


このあと、6月中頃にはイングリッシュ系の富良野ラベンダーなどが咲き始めます。いちばん一般的なラベンダーです。
実は、ラベンダーの春のお手入れは1週間ほど前に終わったばかり、、、イングリッシュ系ラベンダーの緑色の葉は昨年からのもの、やっと新しい芽が出て来たかな〜というところです。これから株も大きくなって蕾もたくさんつくことでしょう。

そして、最後に咲くのがラバディン系ラベンダーのグロッソで、茎が長いのが特徴、ラベンダースティック(ポプリ)づくりにはこのグロッソを使うと、とても立派なものができます。

ビンサンチ美術館では、毎年、グロッソが咲く6月末〜7月中旬頃に、ガーデンのラベンダーを摘んでスティックづくりをするワークショップを行なっています。
今年も、6/30(日)、7/7(日)、7/14(日)の午後1:30〜開催予定ですので、ぜひ、予定に入れていただき、ご参加ください。(詳しくは、イベント情報のページで)

最初は基本的なリボン1本のラベンダースティックを作りますが、参加が2度目の方からは、リボン2本、バスケット型など、違う種類に挑戦してもらったりしています。今年は、毎年参加されている方のためにハート形も準備しています。

皆様のご参加をお待ちしています。