安曇野ビンサンチ美術館
安曇野ビンサンチ美術館

安曇野ビンサンチ美術館 0263-83-5983

庭を散歩しながら絵を観たり、薪小屋がギャラリーになっていたり、楽しくて不思議な北山敏・早苗の作品を展示する個人美術館です。
お茶やコーヒーの無料サービスも好評です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

   美術館日記

レースのような刺繍で描いた絵本原画を展示しています

ひのきギャラリーの展示の様子
ひのきギャラリーの展示の様子

今年つくった作品
今年つくった作品

昨年も展示していた作品
昨年も展示していた作品

安曇野ビンサンチ美術館の離れにある『ひのきギャラリー』には、美術館の番犬セラをモデルにつくっている絵本の原画を展示しています。

原画といっても、ちょっと変わった原画で、なんと"レースのような刺繍"で描いた絵なのです。

セラをモデルにつくった絵本は3作品がすでにあり、こちらは小さな粘土人形を作り、それをもとにコンピュータで描いた絵本でした。(ムービー絵本にもなっていて、ひのきギャラリーでご覧いただけます)

昨年は、刺繍で描いてみた作品を5点ほど展示しましたが、今年は4作目の絵本にまとめるために、お話をイメージしながら更に7点描きました。
 絵本は『サラおばちゃんは魔女?』というお話で、これまでのセラと家族、友達の犬や動物たちの登場するお話とはちょっと違う雰囲気になっています。
作者(ビンサンチの早苗)が憧れるトーベ・ヤンソンの"ムーミンの世界"のようなシリーズを目指せたらいいなあと、、、思っています。

『サラおばちゃんは魔女?』は、これから絵本にまとめていきますので、ぜひ、制作過程を見に、ビンサンチ美術館にお越しください。

2019 4/26〜11/24