安曇野ビンサンチ美術館
安曇野ビンサンチ美術館

安曇野ビンサンチ美術館 0263-83-5983

庭を散歩しながら絵を観たり、薪小屋がギャラリーになっていたり、楽しくて不思議な北山敏・早苗の作品を展示する個人美術館です。
お茶やコーヒーの無料サービスも好評です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

美術館概要

美術館について

館内だけでなく、庭に絵画を展示していて、散歩をしながら自然の中で作品を鑑賞できるのが大きな特徴です。
館内には、安曇野の自然から生まれた作品やビンサンチ・オリジナルショップがあります。
まき小屋ギャラリーでは、企画展を開催したり、美術作家や主婦、子どもたちとビンサンチが共同制作した『あなたもCGアーティスト』展を開いたりしています。CGアート共同制作の体験教室も行っています(有料)。

北山敏、早苗について


北山敏、早苗

敏は1949年静岡県で、早苗は1955年群馬県で生まれました。東京で出会って、1993年安曇野に移住。ウェスタンレッドシダー・ログハウスのアトリエを建てたのがビンサンチの始まりです。
敏は以前、大学のエコトキシコロジー研究所に勤務し、ドイツのミュンヘン国際環境会議に出席した元・環境科学者です。ミクロアートは、海外で高い評価を受けています。
早苗は大学で哲学を学び、小学校教諭を12年間務めました。ガーデンづくりをしながら花や動物を描いて、ターシャ・テューダーを目指しています。
作品は全て共同制作です。ウィークデイや冬期のビンサンチが休館の時は制作に専念し、開館の日はみなさまといっしょにアートを楽しみたいと思います。
また、中学教科書・美術副読本の「コンピュータでの表現」にふくろうの絵が掲載されて、全国から子どもたちが訪ねてくれます。
その他、NECマルチメディアアート大賞展で大賞や草原真知子賞、『こどもCG美術館』の作品で河口洋一郎賞を受賞しました。
海外では、マルク・シャガール国際グラフィックアート展(イタリア)、クラコウ国際版画ビエンナーレ(ポーランド)やフランス、ドイツ、スペインの国際アートビエンナーレなどに出品しました。

施設紹介

テラスでお茶を楽しんだり、お話しながら、ゆったりとくつろいで下さい。季節によっては、ビンサンチ・ガーデンの採れたて生ハーブティーのサービスもあります。


利用案内

開館時間/休館日/入館料
休館日

月、火、水、木曜日 冬期休館12月~4月。
※ 金、土、日、祝日に開館します。

開館時間

午前10時~午後4時

観覧料
個人 大人 500円
小中学生 200円
未就学児無料 (ドリンクサービス付き)

アクセス

JRの場合

JR大糸線穂高駅からタクシーで約10分

お車の場合

長野自動車道安曇野インターから車で約20分

所在地/連絡先
VINSANCHI 安曇野ビンサンチ美術館

〒399-8301 長野県安曇野市穂高有明2186-77
TEL/FAX 0263-83-5983
公式サイト http://vinsanchi.com
北山敏 フェイスブック https://www.facebook.com/vin.kitayama